緊張とエンターテイメントは同時にやってくる。

update:2017/08/28

こんにちは!

安達です。

先日よく撮影でお世話になっている一真くんがカラーをしたいと。

『もちろんもちろん』

気楽に返信したつもりが、、、

当日。

『久しぶり!!!何色にする?』

えっっっっ、、、

白ーーーーーーーー

色んな感情が湧きました

普段暗めのカラーや地毛が多かった一真くん

そのイメージが頭の奥までバッチリ染み込んでたもんで

その以外性

そして、自分が上手くできるかの不安。。。。。。。。。笑

『ヤベーーよ!!!ヤベーーーーよ!!!!こんなつもりで返信してないし!!!!!!!』

『もっと心から軽い気持ちで返信してたし!!!!!』

そんな心の声が一切漏れないような空気をビンビンに出しながら

『オッッッッケーーーー』

軽く返事をした後、とりあえず落ち着けと。

僕も今年で30歳。

つまり、

もう10年美容師やってるし!!

ってか、まぁなんとかなるでしょ

そこからは気合のブリーチ2回

ムラなく髪が一本一本透けるくらいになってきたので、、、

これから勝負の白

僕はトナーと言われるシャンプー台で色を入れていく技術にかける事に

『・・・・。・・・・。・・・・!・・・・!!!!』

めちゃくちゃいいじゃん!!

これはイケる!!!!

シャンプーから上がって鏡越しの時にはもう演出ですよ。演出。

『どう!!いいじゃん!!!!』

心とは裏腹に自信満々だったような雰囲気の声掛け

やっぱり美容師は見せ方。つまりエンターテイメント要素も多少は必要ですからね!!笑

『どう!!いいでしょ????』

内心めちゃくちゃホッとしました。。。

月曜のわりとゆとりのある時間が、緊張感に包まれた日の事でした。

 

安達 優生