美容室のカラー剤と市販のカラー剤の違いについて!

update:2017/02/13

こんばんは^^

 

U-REALMアシスタントの橋本一磨です♪( ´▽`)

kazumahashimoto

 

今回は美容室のカラー剤と市販のカラー剤の違いと、

市販のカラー剤がなぜ良くないのか。

について簡単に書いていきたいと思います_φ( ̄ー ̄ )

 

 

 

まずは簡単に紹介から

 

こちら

IMG_1019-e1451097075896

市販のカラー剤です!

ドラッグストアや量販店などで売られているので、皆さん見たことがあると思います。

中には使ったことがある人もいると思います(°_°)

市販のカラー剤は誰の髪に使ってもだいたいパッケージのイメージと同じような色になるように作られています!

 

 

続いてこちら

solution_img01

お店によって使っている薬やメーカーは異なりますが、

これが美容室で使われているカラー剤!の一部です!

このような薬を使って美容師は来店してくださったお客様のその時の髪の明るさやダメージなどを見て何種類もの薬を混ぜてカラーをしているのです\(^-^)/

 

 

さてここから市販のカラー剤が良くない理由。。。

先ほど市販のカラー剤は、

「市販のカラー剤は誰の髪に使ってもだいたいパッケージのイメージと同じような色になるように作られています!」

と書きましたが、これっておかしいと思いません!?

人はみんなそれぞれ現状の髪の明るさやダメージはみんな違います。

なのにみんな同じような色になるなんて・・・

 

そう。

市販のカラー剤はとても強く作られているのですΣ(・□・;)

実際そこまで強い薬の必要のない髪の人や、逆に強くないと染まらない髪の人まで

みんな同じ薬でカラーしますよね!?

そんなことしたらそりゃ痛みますわ((((;゚Д゚)))))))

 

 

 

ke

これはとあるメーカーさんのカラー剤のカラーチャートというもの。

カラーチャートとは薬がどんな色でどれくらいの濃さなのかをわかりやすく表にしたものです!

たっっっっくさんあるカラー剤のほんの一部ですが、これだけでも色味はもちろん明るさ色の濃さまで様々です(゚o゚;;

 

美容室でするカラーは、美容師がお客様一人一人の髪の毛の状態を見て

極力少ないダメージで希望の色になるようにこれだけの薬の中から薬を考えに考えて調合してカラーしているのです!!

 

もうここまできたらどっちがいいのか皆さんおわかりですよね?笑

安いし楽だからと言って市販のカラー剤で自分でカラーするよりも、

少し手間はかかるけど美容室に行ってカラーした方が

ダメージも少なくなおかつ綺麗に染まりますよ!!!!!!

 

カラーする際は是非U-REALMへご来店くださいね(((o(*゚▽゚*)o)))

 

 

カズマでした☆